ホルモンバランスの乱れはニキビの大敵

背中にできるニキビは大人ニキビと言われています。大人ニキビというとその原因は20代になってからのホルモンバランスの乱れなどからくると言われています。そもそもホルモンバランスはどうして乱れるのかというと、ストレスや偏った食生活、睡眠不足、過剰なダイエットなどが原因です。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーを乱してしまいます。ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンの分泌が過剰になり、それが皮脂の過剰分泌に繋がり毛穴詰まりを引き起こし炎症した赤ニキビとして肌表面に現れてしまうんです。また、男性ホルモンの分泌が増えると毛穴自体も大きくしてしまいます。

ホルモンバランスの乱れはニキビなどの肌トラブル以外にも体の中にも悪影響を与えてしまいます。ホルモンバランスを整える方法はありますので、日々の生活で心がけることがニキビ改善を早めることにもなります。

・質の良い睡眠をとる
体の回復には睡眠が一番です。十分な睡眠をとることでホルモンの分泌や自律神経の乱れを安定させます。

・運動などで気分転換
体を動かすことで血行がよくなり冷え性の改善や老廃物を外にだしたり、ホルモンの分泌もスムーズにしてくれます。簡単なストレッチやヨガなので体を動かすだけでも十分効果を期待できます。。

・女性ホルモンの働きをする食品をとる
有名なのがイソフラボンですね。イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれます。体のに足りないエストロゲンを補ってくれるので非常に効果的な成分です。イソフラボンが多く含まれている大豆製品を摂取してみましょう。

Comments are closed.