漢方がニキビにいい訳

漢方というと病院などで処方される飲み薬のイメージが強いと思います。漢方は服用することで体質改善をするのが目的で利用している人も多いと思います。もちろん、ニキビにも効果が期待できます。

最近では、漢方も色々な化粧品に配合されるようになりました。特にニキビラインの化粧品ではよく見かけますね。薬用化粧水などはこういった漢方エキスが配合されています。漢方は体に優しいのに効果は抜群です。ただし、皮膚科などで処方される抗生物質などの薬と違い即効性はありませんが、体に負担をかけずに確実にニキビや肌トラブルを改善してくれるので、長期の使用には最適なんです。そこでいくつかニキビに効果的な漢方を紹介します。

・甘草エキス
化粧品にはグリチルリチン酸ジカリウムという明記されています。甘草エキスには消炎効果があるため、炎症を起こしている赤ニキビに効果的と言われています。また、副腎皮質ホルモン性作用もあることから、新しい皮膚をつくる手助けもしてくれます。

・桑白皮エキス
鎮痛作用、抗炎症作用、消炎作用、メラニン色素活動抑制作用、保湿作用があります。ニキビ跡の予防や肌の保湿もしてくれるので乾燥予防にもなります。

・桃仁エキス
消炎作用、鎮痛作用、肌荒れ防止、かゆみ鎮静作用、保湿作用があります。かゆみを伴うニキビがある人や、ニキビの他にあせもや湿疹に悩んでいる人にもおすすめです。また。保湿力が高いため、乾燥肌や敏感肌の人の乾燥予防にもなります。

Comments are closed.