背中ニキビができる原因

背中は普段服に覆われているため、意外と背中ニキビに気づきにくいですよね。周りの人に言われて始めてニキビができている事に気づく人も多いのではないでしょうか。しかし、夏など露出が多くなる季節になると背中ニキビはかなり厄介です。

背中ニキビが広範囲にできている人は、水着になったり友達と温泉にいくのに抵抗があったり、せっかくの楽しみが半減してしまうのは辛いものです。また、結婚式をする予定のある人は早急にどうにかしたいですよね。

顔にできるニキビもそうですが、背中にできるニキビも原因がないとできません。しかし、原因がわかればニキビの改善や繰り返さないように予防することはできます。背中ニキビができる考えられる原因はいくつかあります。

・皮脂の毛穴つまり
背中には皮脂腺が多くあり汗もたくさんかく場所です。汗に皮脂が混ざりこんだものが毛穴に入り込んで毛穴をつまらせてしまいます。ニキビの元であるアクネ菌はこの皮脂が大好物です。この皮脂や老廃物をエサにどんどん繁殖して炎症をおこしてしまいます。汗をかいた時はタオルで軽く拭いたりお風呂で汗を綺麗に流してあげましょう。まずは清潔に保つことが大切です。

・偏った食生活
油っこい物やジャンクフード、チョコレートなどの甘いもの、刺激物などのとりすぎは毛穴を刺激してしまったり皮脂の分泌を増やしてしまう恐れがあります。医学的にニキビと直接的な関係性はないといわれていますが、やはり取り過ぎは注意です。バランスのいい食事を心がける事が大切です。

Comments are closed.